再利用と廃棄方法

アクアブロックの再利用

吸水性土のうアクアブロックは、陰干しで自然乾燥させると、約1割程度の大きさになり 再利用することが可能です。
(ただし、使い捨て版、海水対応版アクアブロックは再利用できません。)

保管方法

高温多湿、直射日光を避けて保管して下さい。

アクアブロックの廃棄方法

使用後のアクアブロックの一部を切り開き、「水カット」を所定量入れます。
約5分間かき混ぜ、アクアブロック内の水を完全に脱水させた後、各自治体の条例に従って廃棄して下さい。
※1:「水カット」使用後のアクアブロックは、再利用できません。
※2:なるべくアクアブロックを立てた状態で上端を切り開いて下さい。内容物が漏出することなく作業が行えます。
※3:「水カット」の添加量目安を下記に示します。

アクアブロックの品番 「水カット」
添加量
(g/枚)
1袋(2kg)での
脱水可能枚数
(枚)
1箱(2kg×4袋)での
脱水可能枚数
(枚)
真水用 再利用可能版、使い捨て版 ND/NX-20 200 10 40
ND/NX-15L 250 8 32
ND/NX-15 150 13 53
ND/NX-10 100 20 80
海水用 海水対応版 NSD-20 1,000 2 8
NSD-15L 700 2 11
NSD-15 660 3 12
NSD-10 400 5 20

※4:脱水乾燥後のアクアブロックは、2kg以下になります。

焼却処分してもダイオキシン等の有害物質は発生しません。
燃やせるゴミとして処分する場合には、屋外に放置し、
ある程度乾燥させてから廃棄して下さい。

処理が困難な場合は、産業廃棄物処理業者に委託して下さい。

使用方法例
ABタンク
水カット
メディアで話題
お問い合わせ
Q&A
納入実績